相続手続なら、すべてお任せください。

平成相続相談室(札幌市)

運営:司法書士平成事務所、行政書士平成事務所
札幌市中央区北二条西10丁目1−24 植物園グランドハイツ西棟4階

受付時間
9時〜18時
休業日
土日祝日

お気軽にお問合せください

初回相談無料

休日相談・夜間相談実施中(予約制)

011-213-0330

民法が定める法定相続分

法定相続分=各相続人の取り分

 

各相続人はどのくらい相続できる?

各相続人がどのくらい相続することができるのかは、「民法」で定められています。民法では、各相続人の取り分を定めており、それは「法定相続分」と言われるのです。

法定相続分は、相続人の立場によって異なります。

もっとも法定相続分が大きいのは配偶者です。血族相続人については、被相続人から見て立場が近い者であればあるほど法定相続分は大きくなります。

なお、法律によって法定相続分が決まっているからといって、必ず法定相続分の通りの取り分で相続しなければいけないわけではありません。相続人間で「遺産分割協議」をすることや、被相続人になる者が「遺言書」を作成することで、各相続人の取り分を変えることができるのです。

各相続人の法定相続分

前述したように、法定相続分は配偶者がもっとも大きく、血族相続人については被相続人からの立場によって法定相続分の大きさが異なります。

詳しくは、以下の図表をご覧ください。血族相続人については、「子、直系尊属、兄弟姉妹」の順に差がつけられていることがわかるでしょう。

 

ケース1

子がいる

ケース2

子がいない

ケース3

子・直系尊属がいない

ケース4

子・直系尊属・兄弟姉妹がいない

2分の1      
直系尊属   3分の1    
兄弟姉妹     4分の1  
配偶者 2分の1 3分の2 4分の3 1(注)

(注)上記「1」は、すべてを相続することを意味します。

具体的な法定相続分算定の注意点

法定相続分の概要は上記で述べた通りですが、具体的な法定相続分を算定するにあたっては以下の点に注意してください。

  • 1
    相続人の特定は「戸籍」に基づいてする

血族相続人が複数いた場合は、「2分の1(子)」「3分の1(直系尊属)」「4分の1(兄弟巣姉妹)」を、血族相続人の頭数で割って具体的な相続分を算定します。

たとえば子が2人いた場合、子としての法定相続分「2分の1」を、2人で案分することになり、子はそれぞれ4分の1の割合で相続することになります。あくまで2分の1は、「子全体としての取り分」になるのです。

  • 半血の兄弟姉妹に要注意

兄弟姉妹が相続人である場合に、兄弟姉妹のなかには、親の双方を同じくする全血の兄弟姉妹と、親の一方のみを同じくする半血の兄弟姉妹がいたとします。

このとき、半血の兄弟姉妹の取り分は、全血の兄弟姉妹の半分になります。たとえば兄弟姉妹が相続人になる場合に全血の兄弟姉妹と半血の兄弟姉妹がそれぞれいたとしたら、全血の兄弟姉妹が「12分の2」を、半血の兄弟姉妹が「12分の1」を相続します(この場合も「兄弟姉妹全体で4分の1になる」という点は上記と同様です。)。

  • 非嫡出子の相続分は嫡出子と同じになった

法律婚にある男女の間から生まれた子のことを嫡出子といい、そうではない男女から生まれた子のことを非嫡出子といいます。

昔の民法では、非嫡出子の相続分は嫡出子の半分でしたが、この民法の規定が憲法違反だと判断されました(最大決平成25年9月4日)。これを受けて民法の一部が改正され、非嫡出子の相続分は、嫡出子のそれと同じであるとされました。

したがって相続人のなかに子が複数いる場合は、単純に頭数で割ればよいのです。

無料相談受付中です。
お電話か問合せフォームより、
お気軽に
お問い合わせください。

お電話でのお問合せはこちら

011-213-0330

受付時間:9時〜18時

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずは気軽にご連絡ください。

お問合せはこちら

司法書士 碓井孝介

相続はほとんどの方にとって初めての経験です。平成相続相談室なら、遺産の調査から相続の各種名義変更手続まで安心してお任せいただけます。初回相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問合せはこちら

011-213-0330

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。初回相談は無料です。休日相談・夜間相談も実施中(予約制)です。

お客様の声

札幌市西区在住 M.T様

相続の件でお世話になりました。私自身、仕事をしている為、なかなか行政に出むいての手続きができません。それで碓井さんにお願いすることになりました。→続きを見る

ご連絡先はこちら

司法書士平成事務所
011-213-0330
住所・アクセス
札幌市中央区北二条西10丁目1−24 植物園グランドハイツ西棟4階

西11丁目駅徒歩5分
札幌駅徒歩15分